ブランド品を質屋やリサイクルショップで買取してもらうには、付属品も大事な査定ポイントになります。

ブランド品の買取で大事なもの

ブランド品を質屋やリサイクルショップなどで買取してもらう際には、よく使いこんだブランド品などはそのまま大量に持ち込む方もいますが、たくさん持ち込めば大量だから結果的にいい値段になるとか、そういったことは実はありません。

とにかく買取をしてもらおうと、急いでそのまま持ち込む方もいますが、実は質屋やリサイクルショップなどに持ち込む場合には、その前にチェックしておいてもらいたいものがあるのです。

そのチェックしておいてもらいたいものというのは、ブランド品などを購入した時についてくる、ギャランティカードなどの付属品です。

ですがギャランティカードだけが付属品でも、もちろんありません。

付属品というのはギャランティカードもそうですが、付いていた外箱や保存のための袋など、さらに修理などを依頼する際に必要になってくる保証書など、ブランド品自体以外のすべての付いていたものを付属品と呼ぶのです。

こういった付属品はなくす方も多いですが、きちんと保存をしておかないと、買取や査定の際にマイナスに響いたり、場合によっては買取自体をしてもらえない…なんてことにもなりかねません。

またギャランティカードなどには、シリアルナンバーなどが記載されていたりして、ブランド品のチェックの際に非常に大事になったりもします。

もしもなくしてしまった場合には、質屋やリサイクルショップでも、あらかじめなくしたことを告げて、それでも査定などをしてもらえるのか確認しておくといいでしょう。

まずは査定や買取のプロがいる老舗の質屋、須賀質店で調べてみることをおすすめします。


Theme by Ali Han | Copyright 2016 質屋ごきげんリサーチ | Powered by WordPress