ブランド品を質屋やリサイクルショップで買取してもらうには、付属品も大事な査定ポイントになります。

こんな時の買取はどうなる

by admin

いくら人気の高いブランド品だからと質屋や、リサイクルショップに意気揚々と持ち込んだとしても、見えない部分に見落としがあると、買取はおろか査定すら事前にしてもらえないということになりかねません。

そのような見落としの中でよくあるのが、そう…カビなのです。

ブランド品などは、本来革などの素材で出来ているものも多く、保存には細心の注意が必要です。

ですが自宅で保存となると、どうしてもクローゼットなどにしまいがちになり、結果的に湿気などで知らず知らずの間に、カビが発生してしまうことになるのです。

カビが発生したって目立たなければ、ばれることはないだろう…。

このように考える方もいるかもしれませんが、質屋やリサイクルショップなどの鑑定をする方や、チェック、査定をする方というのは、そういったブランドを見極める目を持った百戦錬磨です。

少しのカビや汚れだって見逃してはもらえませんし、場合によっては査定や買い取りをしてもらえないということになるのです。

ブランド品が製作されている国というのは、明らかに日本と比べると湿気が少ない国がほとんどです。

日本というのは梅雨もあるし、また最近の住宅事情や室内の快適な状況を考えると、カビが生えやすい環境にあると思って間違いないでしょう。

そのためカビなどには、注意が必要といえるのです。

もしも、そういった所有するブランド品の状態について、不安になった場合には、問い合わせてみるのも大事でしょう。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 質屋ごきげんリサーチ | Powered by WordPress